1. 連句24
  2. 連句24
  3.  » 2010月01日 の記事

現在進行中  初霞の巻 

発句 春 白き峰越え来る里は初霞    花見川濤青
脇句 春 迎えに添える丹精の梅     小倉庵不易
相伴 春 蕎麦湯にも打ち手の気合い春の雪 浦霞影左
 四 秋 「鍋始めました」で、街の秋   青
 五 秋 此処彼処さだめなき世の落葉かな 易
 六 月 月明るくて居酒屋はしご     左
 七 雑 松前へ明日いちばんの北航路   易
 八 雑 祝儀盛り上ぐ伊万里の大皿    青
 九 春 角隠し春風なみだ小津映画    左
 十 春 遅日が繰らすセピアのアルバム  易
十一 花 声が降る花散る丘の始業式    青
十二 雑 モンスターママ教室に来る    左
十三 夏 上々の首尾にも遺恨麦の秋    易
十四 雑 サリンジャー逝きひとり飲む   青
十五 雑 横綱の重みを偲ぶ栃若時代    左
十六 秋 物を思はむそれぞれの秋     易
十七 月 名月や尖る心の溶けぬ夜     青
十八 秋 寝覚の床に蓼の花摘む      左
十九 雑 マイファニーバレンタインさあいつはね  青
廿  雑 二合斗りの米を炊く男(ひと)  易
廿一 夏 細身なり女性大食いこいのぼり  左
廿二 春 おぼろ月夜に鳴く鳥は何処    青
廿三 花 年足るゝ洞の栖(すみか)や花の蔭  易

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九 春 角隠し春風なみだ小津映画

お目出度い祝いの八句が、華やかな伊万里の大皿が添えられてがやってきましたので、目出度さ華やかさの中の影にも
父娘の細やかな感情の交流を描き続けた小津映画が思い起こされます。
 
 八 雑 祝儀盛り上ぐ伊万里の大皿  青
 九 春 角隠し春風なみだ小津映画  左

 伊万里の大皿に盛られた幸せ一杯の料理が祝い客によって平らげられる。その美しさゆえに花嫁も、伊万里の大皿のご馳走も、いままでそこにあったものがなくなると寂しさがいや増しに増してきます。小津映画に繰り返された父と娘の思いやりが春の風に吹かれています。

 宗匠さま、よろしくお願いいたします。
影左  拝
 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。