1. 連句24
  2. 連句24
  3.  » 2010月02日 の記事

現在進行中  初霞の巻 

発句 春 白き峰越え来る里は初霞    花見川濤青
脇句 春 迎えに添える丹精の梅     小倉庵不易
相伴 春 蕎麦湯にも打ち手の気合い春の雪 浦霞影左
 四 秋 「鍋始めました」で、街の秋   青
 五 秋 此処彼処さだめなき世の落葉かな 易
 六 月 月明るくて居酒屋はしご     左
 七 雑 松前へ明日いちばんの北航路   易
 八 雑 祝儀盛り上ぐ伊万里の大皿    青
 九 春 角隠し春風なみだ小津映画    左
 十 春 遅日が繰らすセピアのアルバム  易
十一 花 声が降る花散る丘の始業式    青
十二 雑 モンスターママ教室に来る    左
十三 夏 上々の首尾にも遺恨麦の秋    易
十四 雑 サリンジャー逝きひとり飲む   青
十五 雑 横綱の重みを偲ぶ栃若時代    左
十六 秋 物を思はむそれぞれの秋     易
十七 月 名月や尖る心の溶けぬ夜     青
十八 秋 寝覚の床に蓼の花摘む      左
十九 雑 マイファニーバレンタインさあいつはね  青
廿  雑 二合斗りの米を炊く男(ひと)  易
廿一 夏 細身なり女性大食いこいのぼり  左
廿二 春 おぼろ月夜に鳴く鳥は何処    青
廿三 花 年足るゝ洞の栖(すみか)や花の蔭  易

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十九 雑 マイファニーバレンタインさあいつはね  青

では、十九句、名残の裏に入ります。

影左さまの難しいシチュエーションから、夢をつむぐのはなかなかシンドイです。

十八 秋 寝覚の床に蓼の花摘む         左
十九 雑 マイファニーバレンタインさあいつはね 青

”蓼食う虫も好き好き”なのは、余人には計り知れない男女の仲。

格好良くないけど、私には、お目当てなの。
どうせ、他人には分かりっこないさ。
おかしな人なんだもの。
私のファニー・バレンタイン。
寝覚めのベッドで、しみじみ、そう思うよ。

恋です。お次の方、濃厚な恋に成就して下されたく。
いかがでしょうか。


"My Funny Valentine"は、ジャズのスタンダードの名曲で、フランク・シナトラ、エラ・フィッツジェラルド、サラ・ヴォーンら錚々たるジャズシンガーが歌ってますが、趣向を変えて、弘田三枝子さんにご登場願いましょうか。なかなかいいですよ。

   弘田三枝子 My Funny Valentine

   


其の昔、パリのハリーズ・バーで、ピアノ弾きにリクエストして、弾いてもらいました。
上手い演奏ではなかったけど。
口直しに、お隣の、ジャズバーにハシゴして、もう一度女性のボーカル付でやってもらいましたが、フィルム・ノワールに登場するユーロピアン・ジャズは、どこへ行ってしまったのかと寂しい思いをしたことを思い出します。

かのマイルス・デイビィスも定番です。しみじみと・・・

   Miles Davis, My Funny Valentine
   

青 拝
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。