1. 連句24
  2.  » スポンサー広告
  3.  » 六 秋 月明るくて居酒屋はしご 左
  4.  » 初霞の巻
  5.  » 六 秋 月明るくて居酒屋はしご 左

現在進行中  初霞の巻 

発句 春 白き峰越え来る里は初霞    花見川濤青
脇句 春 迎えに添える丹精の梅     小倉庵不易
相伴 春 蕎麦湯にも打ち手の気合い春の雪 浦霞影左
 四 秋 「鍋始めました」で、街の秋   青
 五 秋 此処彼処さだめなき世の落葉かな 易
 六 月 月明るくて居酒屋はしご     左
 七 雑 松前へ明日いちばんの北航路   易
 八 雑 祝儀盛り上ぐ伊万里の大皿    青
 九 春 角隠し春風なみだ小津映画    左
 十 春 遅日が繰らすセピアのアルバム  易
十一 花 声が降る花散る丘の始業式    青
十二 雑 モンスターママ教室に来る    左
十三 夏 上々の首尾にも遺恨麦の秋    易
十四 雑 サリンジャー逝きひとり飲む   青
十五 雑 横綱の重みを偲ぶ栃若時代    左
十六 秋 物を思はむそれぞれの秋     易
十七 月 名月や尖る心の溶けぬ夜     青
十八 秋 寝覚の床に蓼の花摘む      左
十九 雑 マイファニーバレンタインさあいつはね  青
廿  雑 二合斗りの米を炊く男(ひと)  易
廿一 夏 細身なり女性大食いこいのぼり  左
廿二 春 おぼろ月夜に鳴く鳥は何処    青
廿三 花 年足るゝ洞の栖(すみか)や花の蔭  易

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

六 秋 月明るくて居酒屋はしご 左

 思いもよらぬ寒波に見舞われた日本列島は、先週震え上がりましたですね。滋賀県に仕事で出掛けておりましたので
六句目が遅れました。



 五 秋 此処彼処さだめなき世の落葉かな 易
 六 月 月明るくて居酒屋はしご   左

ヴェルレーヌのヴィオロンのため息の憂鬱がさだめなき世を見渡す実感が伝わる五句を繰り返し読むうちに、人生を振り返ります。思うままにならないのが世の中。定めなき世の落ち葉の行き先は、日本的、庶民的にはもっぱら赤提灯。月の引力に起因しますのか、とにかくうらぶれ人生を生きながらえるには、何かの引力に導かれて生きるのが一番。とくに赤提灯なんかの引力は相当なパワーがあると見えてついつい何軒もはしごします。月明かりの夜は特にその傾向があるのは、私だけでございましょうか?世の中ますます憂鬱にみえてきます。

宗匠さま、世の中を明るくして下さい。いかがでしょうか。
影左  拝

 

コメント

お仕事多忙の中

滋賀ですか。
遠くでお仕事なんですね。
お疲れ様です。

  • URL | 
  • 青 #TY.N/4k. | 
  • 2010/01/19(火) 22:04:37 | 
  • 編集

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URI
http://renku24.blog12.fc2.com/tb.php/12-f971fb0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。